中には再建築不可の物件が存在する|見破る術

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気エリアでの住宅を売る

硬貨

神奈川には人気エリアと人口が減少しているエリアとがあります。不動産を売却するならば、その需給関係を調べた上で査定依頼をすることが大切です。また再開発計画にも注意した上で、売却時期を考えるのもひとつの手段です。

家を売って現金化する

貯金箱

住宅を売却する場合は千葉にある不動産を利用するよりも、住宅査定を利用すると良いです。自宅に居ながら簡単査定を出来るのでかなり便利となっています。売却してもそのままの金額をもらえるのではなく譲渡所得税を引いた金額が手に入るのです。

人気エリアの物件売買とは

建物

目黒区は古くからの歴史も魅力の住宅エリアです。そのために築年数が古いマンションでも、良い条件で売却することが可能となります。そのための工夫として、内覧時の印象を良くするためにインテリアをお洒落に演出することが挙げられます。

格安価格のマイホーム

説明

意外な人気のワケあり物件

わが国の場合、住宅をはじめとするさまざまな建造物の建築は建築基準法という法律の規制を受けます。この建築基準法ですが、その時々の社会情勢や科学的知見などによって過去に何度も改正が行われています。そのため、古い住宅の中には今の基準に当てはまらないものが存在します。こうした物件が中古住宅市場に出回る際に時折見受けられるのが、再建築不可という条件がつけられているケースです。再建築不可とは、今ある住宅を解体した場合、現行の建築基準を満たすような改善がなされない限りは住宅を新築できないことをいいます。もちろん火災で焼失した場合なども同様です。この手の物件は、一見するとデメリットが多いように見えます。しかし最近では後述する理由から意外な人気があり、購入希望者が少なくありません。

立地条件はむしろ良好

再建築不可物件が人気を呼んでいる理由は単純です。ずばり、価格が安いことです。実際の取引価格は物件ごとにまちまちですが、ほぼ同条件の再建築不可でない物件と比べた場合、その価格はおおむね半額から7割程度だと言われています。また、こうした物件はその多くが周辺環境が良好な場所に立地しているというのも、人気の一因になっています。というのも再建築が不可となっている理由の大半が、敷地に接している道路が現行基準に照らして狭すぎるというものだからです。つまり多くの再建築不可物件がある場所は住宅地の奥深くにあり、車なども入ってこない閑静な雰囲気が保たれているのです。再建築不可物件は新築こそできませんが、リフォームは可能です。そのため、古い家でも手を入れることで快適に暮らすことが可能です。